スポンサーリンク

フィリピン空軍博物館 Philippine Air Force Aerospace Museum 訪問記 その5

フィリピン空軍博物館

小野田さん以外の室内展示です。

P-51

P-51 (航空機) – Wikipedia

フィリピン空軍博物館P-51解説

Mustangというのはもともとスペイン人が北米に持ち込んだ馬のことなんですね。車のMustangは知っていましたが、飛行機にもMustangがあるんですね。Zambalesはスービックのあるあたりの州名です。「Huks」とか「Kamlon」の鎮圧作戦に使われたと書いてありますね。Huksはフクバラハップのことですね。

フクバラハップ – Wikipedia

最後は米軍から見捨てられてしまうのが悲しいですね。フクバラハップは今はなき船戸与一先生の名著「虹の谷の五月」(推薦図書というわけではないです。)にも出てくる名前ですね。というか私はこの本でフクバラハップの存在を知りました。

虹の谷の五月 – Wikipedia

KamlonはHadji Kamlonさんで第二次大戦前後のミンダナオでのイスラム教徒の武力闘争の英雄(イスラム教徒からみてですが)の一人なんですね。こちらはイスラム教徒視点の意見になります。

https://news.abs-cbn.com/opinions/08/29/16/opinion-what-makes-a-hero

Boeing PT-13

ボーイング・ステアマン モデル75 – Wikipedia

第二次大戦時代の訓練機とのことでしょうか

フィリピン空軍博物館Boeing PT-13
フィリピン空軍博物館Boeing PT-13解説

SF-260WP

こちらは屋外にもあったイタリア製飛行機ですね。

アエルマッキ SF-260 – Wikipedia

フィリピン空軍博物館SF-260WP
フィリピン空軍博物館SF-260WP解説

MG-520

McDonnell Douglas MD 500 Defender – Wikipedia

MD 500 – ウィキペディア

フィリピン空軍博物館MG-520
フィリピン空軍博物館MG-520解説

その他展示

第二次大戦の塹壕解説ですね。

フィリピン空軍博物館第二次大戦塹壕模型

クライスラーの司令官専用自動車でしょうか。

フィリピン空軍博物館クライスラー司令官車

フィリピン空軍博物館クライスラー司令官車解説

お誕生日パーティ会場として利用されているファンクションルームです。空軍関係のお子様でしょうか、お誕生会がこのあとあるようでした。

フィリピン空軍博物館ファンクションルーム

何かは正確にはわかりませんが、アメリカの宇宙船?も展示してあります。解説はありませんでした。

フィリピン空軍博物館宇宙船

おそらくココでしか手に入らないフィリピン空軍Tシャツです。

フィリピン空軍博物館Tシャツ


外にある花壇です。よく手入れされています。ちょっと小さいですが、プルメリアではないかと思います。樹液は毒あるみたいですよね。昔吹き矢に毒としてぬられていたとかいないとか。

フィリピン空軍博物館プルメリア
タイトルとURLをコピーしました